電話機のスピーカー交換

本文にAmazonアフェリエイトリンクがありますので、
ポイントサイトなどを利用している方はご注意ください。

Pioneer TF-AD1500 の本体の着信音が
ほぼ聞こえない。
前書きは面倒だ!修理レポートだけ見るという方はここから*

子機もそばにあり、子機から着信音を聞いて部屋の
どこからでもわかる状態だった。
なんだか、始めからおかしかった気もするけど、この電話機、購入して長い間眠らせていたから、つかわないまま保証期間の1年が過ぎてたのです(笑)

前の電話の予備のつもりだったのか?
どうして、買ったのか?は、覚えていないけど
お買い得だったのかな?

もうね、子機がないと、そばにいって耳を近づけないと
着信音聞こえないくらい音が小さいから、ハンズフリー機能も使えない状態でした。
最近、子機も不調で、子機は液晶画面が逝きました。
まー、子機も親機もすぐ近くに置いてるから、別に液晶くらいいのですけど、親機の着信音が聞こえないのは、まえから嫌だった。

今の機種は、通話録音や、オレオレ詐欺のため?通話は録音しますってアナウンスが流れるようだけど、また0210や0800などの迷惑電話を拒否する機能など魅力的だったけど、
一番安くて、シャープで4000円ちょいだった。

安易に捨てるのは可愛そう。
でも、本当は今はボンビーだから出費を抑えたい!
ってことで修理することを決意しました。
まずは、子機の液晶だけど、だめだろうな?と思っては
いたけど、裏蓋を開けてみたけど、断線や接触不良では
なさそうなので諦めた。
ちなみに、裏蓋を開けるには、プラスドライバーと他に
ヘクスローブレンチ(トルクスレンチともいう)という
工具が必要です。


電話親機の裏蓋のビズは、この工具で、T10のサイズでした。

スピーカーの仕様を調べるのに、開けました。
その工程は省略しますが、部品手配前に確認しておくほうがよいかも?

中のスピーカーの仕様は、
大きさ:直径が50mm
インピーダンス:16オーム
ワット数:0.5W
で、あることがわかりました。

50mmの16オームで0.5Wって、Amazonには見つからず(最後まで見てないかもしれないけど)、
中国っぽい海外サイトから取り寄せならあったけど、不安だし、いつ届くかわかんないし、送料もかかりそうだし、
ってことで、Amazonからポチッとしました。
50mm0.5Wだけど、インピーダンスが8オームです。
ちょっとインピーダンス低いけど、ま、いいか!
自身の自己責任だよねw

525円でした。
プライム会員なので、送料は0円でお得でした!

届きました^^

厳重に梱包してありましたね(笑)

大きさ、形状は、ほぼ一緒でした。

コーン紙部

*
修理レポートです。

必要な道具;
プラスドライバー・トルクスレンチ(ヘクスローブレンチ)・半田ごて・半田くらいかな?

電話機を取り外す:
受話器のモジュラーを抜きます。


抜きましたら、受話器を外しておきます。

私は壁付けだから外してきました。

裏蓋を外します:
四隅の4つのビスを外します。

これ、裏からみて左上の1本だけが、トルクスねじだったけど、
もしかしたら、製造員のひとが、上2本がトルクスねじのはずが、間違えて1本にしたんかな?車のタイヤホイールの盗難防止のナットじゃあるまいに(笑)
ちなみに、子機のほうは、ビス4本止めだけど、上2本がトルクスねじだったよ。

トルクスねじとプラスねじ。

裏蓋が外れました。

基盤を外します:
対角の角にある2つのビスを外します。

※あとでおもったけど、基盤外す前に、スピーカーへの配線(赤黒リード線)を半田ごてで外しておいたほうが楽です。

スピーカーを固定している白い樹脂カバーが4つのビスで
固定されているので、その4本のビスを外します。

白い樹脂カバーを外して、スピーカーが取り換え可能な状態になりました。

この後、スピーカーについてるリード線を半田ごてを用いて外します。
半田付けが、やりにくかったので基盤側のリード線も旦、リード線を外しました。

スピーカーを外しました。

新しいスピーカーに、リード線を半田付けして、リード線を樹脂カバーにくぐらせて、リード線を基盤側に半田付けします。

あとは、はずした逆の手順で組み立てれば完了です。

所要時間は、そんなにかかりません。
簡単な修理作業でした^^
これで、まだ電話機使える~

ヽ( ゜ 3゜)ノ イイネ ←気に入ったらお願いします
読み込み中...