RemixOSのスリープ機能の停止

先にかいたRemixOS のインストールの追記です。

スリープ状態になると、キーボードやマウスをうけつけなくなることがあります。操作不能状態になり終了するには電源ボタン長押しするしかありません(私のPCの場合)。
スリープ設定は、設定→ディスプレイ→スリープですが
この設定では、15秒から30分までで7段階しかありませんでした。

設定→ディスプレイ→スリープ

後に、なぜか起動しないが出てきました。

スリープを起動しないの選択肢がない場合は、
スリープ解除ができないので、開発者向けオプションからスリープモードを無効にできます。

その方法は、
設定→タブレット情報→ビルド番号を数回、連続してクリックします。

クリックすると、デベロッパーになるまであと4ステップです。

これより、3,2,1となり、
これで、デベロッパーになりました!と、なります。

設定にもどると、スーパーユーザーとタブレット情報の間に開発者向けオプションという項目が増えます。
設定→開発者向けオプション→スリープモードにしない、のスライドをONにします。

これで、スリープにならなくなるので、うっかり無操作が30分を超えても、スリープにならないので、操作可能です。

ヽ( ゜ 3゜)ノ イイネ ←気に入ったらお願いします
読み込み中...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です