国勢調査をインターネットで済ませた。

国勢調査の調査員さん(町内の自治会長)が、各家に回っていました。
人数などを聞いて、あとは書類を渡されました。
インターネットでの回答、または封筒の中にある
アンケートの質問と、解答用紙(マークシート)、
利用ガイド(インターネット回答に使うログインIDとアクセスキーが
印刷された紙)、返送用封筒が入っています。

ログインIDと、アクセスキーが印刷された印刷物です。
老眼でも見えるように、かなり大きな文字になっていますね。

パソコン等で、国勢調査2020で検索します。
(偽サイトがあるかもしれないのでご注意を!
※日本政府のドメインは、https://www.********.go.jp

検索した結果です。
直URLはこちらから

回答サイトをクリック。

回答をはじめるをクリック

インターネット回答利用ガイドに印刷されてるログインIDを入力します。
次へをクリック

アクセスキーを入力して、ログインをクリック。

ここで、入力間違えがあると、ログインIDの入力画面に戻ります。

入力をはじめるをクリック

スクリーンショット画像がないんだけど、順序的にこのあたりかな?
パスワードを入力する段階があります。
任意にパスワードを決めて入力します。
回答が終わったあとで、回答の見直しなどのときには
ログインIDと、パスワードでログインするようになります。

1 世帯員の数及び瀬底の種類の質問

2 氏名及び男女の別の質問
1で入力した人数分の枠が出てきます。


もし、1で、5人にすると、5人分の枠が出てきます。

3 世帯主との続き柄
2で入力した氏名が表示されています。

4 出生の年月
2で入力した氏名が表示されています。

これより16項目までのスクリーンショット画像は省略しました。
5 配偶者の有無
6 国籍
7 現在の場所に住んでいる期間
8 5年前の居住地 ←これは私の場合はなかった項目
9 教育
10 1週間の仕事
11 従業地又は通学地
12 利用交通手段
13 勤めか自営かの別
14 勤め先・業主などの名称及び事業の内容、本人の仕事の内容
15  住居について  16 住居の建て方

電話番号・住所の入力
電話番号、住所等を入力して、入力内容の確認をクリック

入力内容確認
間違いがなければ次へをクリック

この間に、回答データを送信します。よろしいですか?
という画面が出るかも?(記憶がないのでわからないけど)
あった場合は、送信をクリックします。

国勢調査の回答完了
終了するをクリック
これで終わりですが、私はアンケートもしてみた(笑)


アンケート
アンケートに答えて、アンケートの回答を送信するをクリック。
アンケートだから答え無くないところは答えなくても
良いと思います。

郵送用の質問とインターネットによる質問では、順序、内容が
若干違うかも?
紙での回答の場合は、10月1日から10月7日までらしいですね。
インターネットでの回答が9月14日から10月7日までのようです。

※ログインIDとご自身できめたパスワードにより
回答を修正することができます。
インターネット回答
(https://www.kokusei2020.go.jp/internet/
より
回答サイトをクリック。
回答をはじめるをクリック。
ログインIDを入力して、次経をクリック。

ご自身で決めたパスワードを入力してログインをクリック。
回答デー回答データを修正するをクリック。
パスワードの変更をするときは、下部にあるパスワードの
変更をクリックです。

1 世帯員の数及び世帯の種類の画面になるので
変更する箇所まで、次へ進むをクリックして、
変更箇所を変更を終えたら、
15  住居について  16 住居の建て方
のページまで進んで、入力を完了するをクリック。
または、項目番号と項目がわかっていれば、
赤丸で囲んだ部分にあるタブ(1~15・16 入力を完了する)を
クリックして変更します。

電話番号・住所の入力の画面になるので、
修正が必要ないなら、入力内容の確認をクリック。
入力内容確認の画面になるので、
確認したら次へをクリック。

送信をクリック。

~略~

変更が完了すれば、終了するをクリックした時間?
受付日時が変更した時間になります。

ヽ( ゜ 3゜)ノ イイネ ←気に入ったらお願いします
読み込み中...

マイナポイント奮闘記

いやぁ~、めんどくさかった。
携帯電話で対応機種ならサクサクと簡単らしいけど、パソコンしか
扱えない、スマホ苦手で、もしスマホが対応でもパソコンでやったかも?
まずは、ここ、マイナポイントのサイトです。
詐欺サイトにはお気をつけて。

私は、インターネットバンキングなどで使っているジャパンネット銀行での
手続きを綴っていきます。
ジャパンネット銀行のキャッシュカードは以前から持ってましたが、
今回のマイナポイントで25%までキャッシュレス決済で
最大で5000円相当のキャッシュバックがあるんだっけ?
銀行のサイトで知ったというニュース見てない人です(笑)

用意するものは、
1:マイナポイントに対応してるキャッシュレス決済の一覧←ここ

2:マイナンバーカード
(電子証明書暗証番号の登録してある必要があります。
また有効期限が切れてないこと)

3:ICカードリーダー(マイナンバーカード対応品)
Amazonならここへ

4:パソコン他、
5:ブラウザは、Google Chrome、
またはインターネットエクスプローラーか、Edgeのいずれかです。
6:拡張機能のインストール
7:マイキーID作成・登録準備ソフトのインストール

私は対応のデビットVISAカードを申込む所から始まりました。
ジャパンネット銀行にカード申請をして、送られて来ました。

ジャパンネット銀行のマイナポイント事業に関するお手続き
JNB VISAデビットを登録をクリック。

同意するをクリック。

JNB VISAデビットカードの4桁4つの番号。
カードの有効期限を入力。
セキュリティ番号(カード裏にある3桁の数字)。
電話番号(SMSが受信できる携帯電話など)。
名義人(カードのローマ字氏名)。
生年月日。
を終えて、登録をクリック。

電話番号のSMSを受信して、その確認コードを入力します。
(私はガラケーですけどね)
認証をクリック。

ログイン画面です。

マイナーポイント情報ができました。
決済サービスのIDと、セキュリティコードを覚えておきます。
こちらを参照くださいをクリック。

こちらを参照くださいから先は、ジャパンネット銀行のサイトから離れて
マイナポイントのサイトに飛びました。

予め、マイキーID作成・登録準備ソフトを
インストールしておく必要があります。

マイナーポイントの予約をクリック
私は、ここでブラウザがfirefoxだったので、不適合と出ました(-_-;)

なので、ここでブラウザをマイクロすソフトのEdgeに変更しました。

マイキーID作成・登録準備ソフトをインストールをしないで、
マイナーポイントの予約をクリックすると先に進めない。

実はここを見落としてた。先にインストールしておかないと先へ進めないのを
知らないで、もがき苦しみました(笑)
以下の様になって、次へ進むが霞んだ色になりクリックできません。

マイキーID作成・登録準備をクリックして、
ダウンロードしてインストールします。

拡張機能が無いと以下の画面がでますので、
ブラウザ用拡張機能と書いたリンクをクリックして、
拡張機能をインストールします。

ブラウザ用拡張機能をクリックすると、拡張機能をインストールする
サイトが開きます。
インストールをクリックします。

拡張機能を追加をクリック。

同期を有効にするをクリック。

この時、マイクロソフトアカウントが無いと、
アカウントのログインを求められたけど、無視しても
できるのかもしれないけど、私はマイクロソフトアカウントに
ログインしました。
インストール完了です。


拡張機能と、マイキーID作成・登録準備ソフトがインストールされたEdgeでは
次へ進むのボタンの霞が消えて、クリックできるようになります。
暗証番号を入力してOKをクリック。

暗証番号等未設定の方は市区町村役場に行って登録を

この先、登録終わった後で、再現できなかったので、もしかしたら
一部抜けや順序違いがあるかもしれません。
予めご了承ください。
発行をクリック。

OKをクリック。

申込へをクリック。
ご自分の決済カードを選択、または検索します。
私の場合は、デビットカードなので、そこへチェックを入れました。
検索をクリック

ご自分の決済カード等を選択します。
私はジャパンネット銀行なので、JNB Visaデビット×マイナこうかんポイントを
選択しました。。

次へ進むをクリック。

規約に同意をチェックして申込へ進むをクリック。

決済サービスのIDとセキュリティコードを入力して、確認をクリック。

申込をクリック。

OKをクリック。

ここで、もう一度、暗証番号を入れてOKをクリック
(だったかな?m(__)m)

申込結果の画面になり登録は終了です。

ログアウトをクリックしました。

OKをクリック。

※うまくできないまたは、よくわからないときは、
市区町村の窓口か、コンビニの端末からできるようです。

ヽ( ゜ 3゜)ノ イイネ ←気に入ったらお願いします
読み込み中...

アクセス制限について

これは、自分のレンタルサーバーのアクセス制限の設定方法をわすれちゃうので、ここに自分用メモです。

アクセス制限をかけてるブログ

ロリポップのログインページ

セキュリティ→アクセス制限

アクセス制限をかけてるURL→設定変更

ユーザー数は、10作れるので、わすれてしまったら、新たに追加で作るか、すでにあるのを消して作り変えるか?
で、更新をクリックでアクセスできるようになる。

終わり

ヽ( ゜ 3゜)ノ イイネ ←気に入ったらお願いします
読み込み中...

パソコンが起動しない

今、メインで使ってるPCは、
マウスコンピュータの1509MDV-GZ7700B-SH2です。

メインPCを今朝、起動しようとしたら、ネットワークメディア?IPv.4・・・
みたいになって起動しない。
ESCキーで、BIOS画面に切り替わる。
HDDがアクティブになっていない。
今年の2月か3月辺りにも、同じ現象が発生した。
そのときに、電話サポートを受けて直ったんだけど、どうやって直ったか?
もう忘れた(´・ω・`)
って、ことの備忘録(笑)
同じことを聞くのは申しわかないと思いつつ、マウスコンピューターの電話サポートに電話した。
過去のサポートの記録があるようなので、前回と同じ症状だったことを伝えてやり方を忘れた事を言いました。
BIOSをリセットすることで、起動したのでした。

サポートページに掲載されてることを教えてもらった。
Z170 チップセット搭載モデル BIOS設定値を初期設定値に戻したい ( Windows10 )

手順メモ:
1. パソコンの電源を入れ、「 Delete 」 キーを断続的に押します。
しばらくすると 「 BIOS 設定 」 画面が表示されます。

2.BIOS 設定 」 画面が表示します。
画面左側にある 「 SETTINGS 」 をクリックします。
3. 画面中央に表示された 「 Save & Exit 」 をクリックします。
4.Restore Defaults 」 をクリックします。
5. BIOS 初期化を実行する確認画面が表示します。
Yes 」 をクリックします。
6. 最後に 「 F10 」 キーを押して、設定を保存する確認画面を表示します。
Yes 」 をクリックします。

ヽ( ゜ 3゜)ノ イイネ ←気に入ったらお願いします
読み込み中...

I/OデータのLANDISKが原因?

アイ・オー・データ機器のNAS(HDL-AA2 2TB)を使っている。
専用ソフトのLANDISKというのをインストールしてたのだけど、
3日前くらいかな?起動しなくなった。
原因不明だけど、アンインストールして、インストールしました。
そして解決、原因がわからないというのは気持ち悪いもので、再び
再発する可能性があると思うんだ!
そう思いながら、とりあえず直ったのでOKと思っていたら、
そうでもないかもしれない?
再び不具合発生!
あれ?エクスプローラーがまともに機能しない。
エクスプローラーを開くと開くのだけどその後すぐ閉じてしまう。
検索して対策を調べてみるけど、同一の現象の人もいて、解決策は
タスクマネージャーからエクスプローラーを選択して、右クリックで
再起動をすると言うものだった。
ほかにもUACをどうとかこうとか?
エクスプローラーを再起動したけど、改善せず。
はて?どうしたらいいのかな。
そういえば・・・3日前くらいに!
もしかしてこれかな?とおもってLANDISKのアイコンから起動シましたら
無反応。
ここでLANDISKが起動しない事に気がついた。
だがしかし、エクスプローラーが機能しないから、
LANDISKが機能しないのかもかもしれない?
だけど、原因を消去式でいくと3日前のこともあるし第一容疑者(笑)
LANDISKをアンインストールしてみた。
それから、PCの再起動はまだ行っていないけど、エクスプローラーは
正常に戻りました。
同じLAN系統でつながってる他のPCのLANDISKソフトは問題なく動いてる。
原因は他にあるのかもしれない?
と思うのが、今日のPC不起動でした。
LANDISKアプリ(ソフト)は、今はインストールをしていない。
ネットワークから開けるから、特に問題はないです。
次のブログにPC問題で続きます。
パソコンが起動しない

ヽ( ゜ 3゜)ノ イイネ ←気に入ったらお願いします
読み込み中...

Firefoxの更新がうざい

Firefoxは、どのバージョンからだったか?
忘れたけど、更新を無効にする設定がなくなった。
Firefoxを起動するすると、更新しますか?みたいな
タブが、毎回出てきて、鬱陶しいたら、ありゃしない。
あれ?Ver.72から消えた?
今の所、でてこないけど、ま、いいや!

とにかく、鬱陶しい。
セキュリティを考えれば最新バージョンにするほうが
良いとおもうけど、余計な機能が増えたり、小さな親切大きなお世話な機能が増えたり、動作が重くなったり。
更新すればいいことばかりでなく、むしろ悪くなったと
感じることも今まで多かった。
それでバージョンダウンするのが面倒くさい。

いまVer.72(更新しますか?のタブを毎回、消してたけど
ミスクリック?勝手に更新された。
いや?勝手に強制?よくわからないけど希望もしないのに
更新されるのが困る。
かなりまえのバージョンでは、更新をしないも選択できたけどね。

ってことでしらべてみると、
Firefoxが勝手にアップデートされるのを止めたい
というタイトルのサイトを見つけた。

これは、Ver.72だけど(最近、更新になってしまった)
更新をしないという項目がない。

調べたサイトによると(サイト消失のときの備忘録で記す)
ファイアーフォックスのインストールフォルダから
フォルダ「distribution」を探す。
なければ作る(なかったので作った)。
もしフォルダがあれば、その中にファイル「policies.json」
を探す、
なければ、ファイルを作る。
新規作成で、テキストファイルを作って、拡張子ごと書き換えれば出来る。
フォルダがないから、当然だけどファイルもないので
ファイルも作った。
ファイル「policies.json」を開いて、以下の記述をします。

{
  "policies": {
    "DisableAppUpdate": true
  }
}

そして上書き保存をして、ファイアーフォックを起動
(起動済み出れば、再起動)。
そして、メニューバから、
ツール→オプションで設定画面を開いて一般タブより、
Firefoxの更新の項目で、
システム管理者により、更新が無効化されています。
になれば、多分成功です。

 

ヽ( ゜ 3゜)ノ イイネ ←気に入ったらお願いします
読み込み中...

インスタグラムライブをPCで見る。

パソコン(PC)で、インスタライブをみる。
ウィンドウズだけ?わからないけど、基本的には、インスタグラムは
スマートフォン用なので、パソコンでは使えなかったりします。
ブラウザのGoogle Chromeで、拡張機能を使うことことで、
インスタライブを視聴できるようです。

方法
1:ブラウザのグーグルクローム(Google Chrome)を
インストールします。
(インストール済みの場合は、3から)
ダウンロード先はここ
https://www.google.com/intl/ja_jp/chrome/

2;ダウンロードしたら、インストールします
(工程は省略)。

3:拡張機能のchrome ig storyをサイトを開きます。
グーグルクロームを起動して、ここへ
https://chrome.google.com/webstore/detail/ig-stories-for-instagram/nilbfjdbacfdodpbdondbbkmoigehodg?hl=ja

4:クロームに追加します。
Chromeに追加をクリックします。

5:確認画面
拡張機能を追加をクリックします。

※これで、Google Chromeを使うことで見ることが
できるようになります。



まだ、リアルライブを見ていないので、コメントなどができるか
未検証ですが、録画?を残してる方の動画を見ることができました。

ヽ( ゜ 3゜)ノ イイネ ←気に入ったらお願いします
読み込み中...

Twitterの画面

2019年7月頃だっけかな?
Twitterの画面が新デザインになり、使いにくい。
それに馴染みのある旧デザインがやっぱりいい。

旧画面への変更ができるのは、
Google ChromeとFirefoxだけみたい。

Google Chromeでは、拡張機能を追加します。
https://chrome.google.com/webstore/detail/goodtwitter/jbanhionoclikdjnjlcmefiofgjimgca

Firefoxでは、アドオンを追加します。
https://addons.mozilla.org/en-US/firefox/addon/goodtwitter/

 

ヽ( ゜ 3゜)ノ イイネ ←気に入ったらお願いします
読み込み中...

モーションキャプチャ画像の処遇

szsinocam ネットワークカメラ 屋外 防犯カメラ
このカメラは中国のメーカーさんの監視カメラですが
コストパフォーマンスが高くお気に入りです。
このカメラの機能の一つに、モーションキャプチャがありますが
映像内の動きを感知して、静止画として保存する機能ですが、
マイクロSDメモリーを入れて、設定することで、マイクロSDメモリーに
動画とともに、記憶させておくことができますが、カメラにアクセスして
画像をチェックするのは、実質的にすごい労力と時間がかかります。

そこで、モーションキャプチャされた画像をEMに添付して送信しちゃおう!
こうすることで、容易にモーションキャプチャ画像を見ることができます。
と言いたいところですが、ここでも問題があります。
私は、設定によりモーションキャプチャーを連続3枚キャプチャーにしてるので、
監視カメラが、動体検知をすると、3枚の画像がEMに添付して自動送信されます。
しかし、どう反応したのか?何も映ってないキャプチャ画像も多くあります(-_-;)
それらを含めて、Eメールがものすごい量で送信されます。
そのひとつひとつに画像が添付されています。
必要なければ、モーションキャプチャーを1枚に設定したほうがいいかもしれない。
ま、1枚でもメールソフトで開いて、画像をチェックするのは一苦労です。

これより記している記事は、試行錯誤の末、編み出した方法でかなり便利です。
モーションキャプチャー(動体検知)の設定を行ってください。
説明書タイトル:4.4.2 動き検出
次、
これは、別途こちらに記載しますが、説明書ではこのようになっています。
これは、説明書より私の設定方法を記したものです→動体検知のEM送信・FTP送信

EMの実際の設定方法は、別途ここに記載するので、こちらを参照にして設定します。
まずは、動体検知の設定をしてください(4.4.2 動き検出
※動体検知の設定はIE(インターネットエクスプローラ)でないとできないかも?

方法としては、受信容量もある無料のフリーメールを使用した設定を説明します。
私は自己ドメインのEメールを使って監視カメラから送信させてます。
送信先は、GMAILフリーメールに送信して、それをパソコンのメールソフトにより
受信しています。
ですが、ここでは、GMAILからGMAILへの設定とします。

概略:カメラには、フリーのGMAILを使って送信します。
送信先は、フリーのGMAILとしています(同じEMアカウントです)。
パソコンのEメールソフトで、GMAILからのメールを受信します。
Eメールには添付ファイルがつけられてるので、そのままでは
確認が大変なので、アドオンをつかって添付ファイルを分離します。

目的:添付ファイルをEメールから分離させることにより、確認、処置が容易に
なります。

作業:手動による設定ではなくアドオンを利用して作業を自動化します。

必要なもの:Eメールソフト(但し、メールソフトはサンダーバードです)。
サンダーバード用の添付ファイル分離アドオン。
GMAILアカウント1個。

まずは、必要なものを揃えます。
グーグルアカウント(すでに所有のものでもOKだけど、別途に取得がおすすめ)。
Thunderbird(メールソフト)、これは私は最新バージョンではありません。
最新バージョンでは、アドオンが対応しているか不明ですが私はほかに使用してる
アドオンが最新バージョン未対応なのでセキュリティ上は最新バージョンが望ましい。よって古いバージョンですが、Ver.45(私の愛用バージョン)での説明にします。

1:グーグルのGMAILアカウントを取得します。
↑上記リンクをよりGMAILアカウントを取得して、

設定アイコン(歯車)から設定を選択してクリックします。

GMAILの画面が開くので、メール転送とPOP/IMAPをクリックして
メールの設定をします。

項目の中のPOPダウンロード:より
すべてのメールでPOPを有効にするのラジオボタンを選択してクリック。

下方にある変更を保存をクリックします。

ブラウザを閉じてもOKです。

2:Thunderbird(サンダーバード)をダウンロードしてインストールします。
方法:サンダーバードの旧バージョンのダウンロードサイトより旧バージョンを
取得します。
サイトより以下の順にクリックして進みます。
Dir 45.0/ → Dir win32/ → Dir ja/ →Thunderbird Setup 45.0.exe
面倒なら、直リンク
Thunderbird Setup 45.0.exeをダウンロードしてインストールします。
インストール後、サンダーバードを起動します。
起動後、メールの設定をします。

↑私は、すべてのメールアカウント(全部29アカウント)があってごちゃごちゃ
していますが、最初はシンプルでした(-_-;)
ファイル→新規作成→既存のメールアカウントでメールアカウントの設定を
開きます。
これより必要事項を入力します。
あなたの名前:わかりやすい名前(自由)。
メールアドレス:監視カメラで使うGMAILのEメールアドレス。
パスワード:GMAILアカウントのパスワードです。
続けるをクリックします。

POP3(メールをコンピュータに保存)のラジオボタンを選択して、
完了をクリックします。

これで、メールソフトの設定は完了です。
出来上がったメールアカウントの設定を行います。
出来上がったEメールアカウント部をクリックして選択して、
このアカウントの設定を表示するをクリックします。

アカウント名は、GMAILのメールアドレスになっていますが、この部分は
アカウント名のツリーに反映されます。
わかりやすい名称に変更することもできます。

私は、アカウント名を、カメラ画像にしました。

次に、サーバー設定を選択します。

↑設定は、都合の良いように変更します。
特にへ変更しない場合でも、変更してもOKをクリックします。
GMAILは15GBありメール容量がとても大きいですから、監視カメラの
モーションキャプチャー画像が添付したEメールには最適です。
だけど、Eメールを、溜め込むのはおススメできません(笑)。
設定について:
サーバー名:すでに終了していますので変更しないでください。
ユーザー名:すでに終了していますので変更しないでください。
セキュリティ設定:すでに終了していますので変更しないでください。
サーバー設定の部の中身は、お好みに設定してください。
しかし、ダウンロード後に14日もため込んだら、15GBでも超えるかも?
ダウンロード後にメッセージを残すのチェックマークが外してもいいかもね。
メッセージの保存先は、初期設定のままでも構いませんが、
Windowsドライブ(C)になるので、任意に変更するほうがいいかも?
私は、別のHDDにフォルダを作成して、そちらにメールデータを保存しています。
監視カメラのアカウントだけでなく、他の重要なメールアカウントもあるので
もし、PC初期化したときでも、Eメールデータが残るので^^

諸設定ができたらOKをクリックして閉じます。

EMソフトを使って受信しなくても、GMAILをブラウザメールから受信メールを
見ることはできますし添付画像はサムネイルで見ることができます。
非常に優れたブラウザメールなのですが、EM100通でひとまとめになっています。
だけど、あまりに多いEメールのため、すべてのEメールの添付ファイル(画像)を
見ることはできないことがよくあります。
有料のEメールソフトで添付画像をサムネイル表示できるソフトウェアもありますが
実際にそれが使い勝手がよいか?不明ですしコスパの面から私は利用していません。実はThunderbirdは無料のメールソフトですけど寄付歓迎(自由)となっています。

これより、真骨頂です。
Thunderbirdには、多くのアドオンソフトがありますが
そのアドオンソフトの中に、Eメールの添付ファイルを抽出して指定した箇所に
保存できる機能をもつアドオンがあります。
アドオンの入手:
アドオン(AttachmentExtractor)の入手先はこちら
ダウンロードします。

私は仮に、デスクトップに保存しました。
(アイコンは、私の圧縮解凍ソフトの都合上、このアイコンです)

Thunderbirdを起動します→ツール→アドオンを選択してクリックします。
※私は既にに色々なアドオンをインストールしていますが
説明に支障がないのでこのまま説明します
アドオンマネージャより、設定(歯車)をクリックして、
ファイルからアドオンをインストールを選択してクリックします。

ダイアログが開くので、ダウンロードしたアドオンを選択します。

アドオンのAttachmentExtractorの行をクリックしてから、
インストールをクリックします。

今すぐ再起動をするをクリックします。

Thunderbirdが再起動して、アドオンリストにAttachmentExtractorが
追加されました。
AttachmentExtractorの右にある設定をクリックして設定を行います。

設定は英文でよくわからないですが、私は以下のようにしています。
Default Save Path:は、添付ファイルの保存先(任意)の指定です。
私は、USBメモリーをUSBポートに挿しっぱなしにして、
フォルダを作って、そこへ添付ファイルの画像を保存しています。
General

Filenames

After Extraction

Auto-Extract→General

Auto-Extract→After Extraction

Advanced→Advanced

Advanced→More

設定項目はこれで終わりです。
OKをクリックします。
アドオンマネージャータブの×をクリックして閉じます。

IP監視カメラのモーションキャプチャーのEM送信の設定をします。
動体検知エリアは設定済みと仮定して説明します。
IPカメラの設定画面を開いて、Settings→Advanced→Emailの順で
Eメールの送信設定をします。
xxxxxxx@gmail.comは、ご自身が取得したGMAILアドレスを
入力します。
この設定は、GMAILからGMAILへ自分のEメールアドレスから
自分へのEメールアドレスに送信するようになります。

試しに、TSETをクリックして、画像が添付されたEメールが
送信されたか、テストをします。クリック後に
Thunderbirdを起動して、メール受信を行います。
ここで、画像が添付された画像が受信できれば成功です。

受信した画像添付ファイル付きのEメールから添付ファイルを抽出する
方法です。
例えば、以下のようにモーションキャプチャー画像を含むメールが
受信しているとします。

受信トレイの上で右クリックをして、Extract All inc. Subfolders(S)を
選択してクリックをします。

添付ファイルの抽出が始まります。

抽出が終了すると、抽出ウインドウが自動的に閉じます。

結果:
私はUSBメモリーを保存先にしていますが、Eメールに付随した
添付ファイルだけが抽出され保存されています。
誤作動?何も動くものが写っていない画像も結構多いです(-_-;)
これらをエクスプローラーなどで、削除したり、別途に保存したり
消すなりにできます。

私は、添付ファイルが抽出したあとは、
その受信したEメールは削除して、ごみ箱を空にしています。
時々、最適化しますか?とでることがありますが、最適化をしています。

それでもため込むと整理が大変です(笑)
(1万ファイル(画像)を超えています)

ヽ( ゜ 3゜)ノ イイネ ←気に入ったらお願いします
読み込み中...

ブログのバージョンアップ

ブログのバージョンアップをしたら、え?なにこれ使いにくい、というか
使えない(泣)
前は、画像をドラッグ&ドロップで簡単だったのに、バージョンダウンが
めちゃくちゃ面倒くさい。
ブロッグとかで画像とテキストをわけるのは、大きなお世話です(笑)
だから、嫌なんだよなぁ~~
ウィンドウズもそうだけど、海外のソフトってバージョンアップすることで
使いにくくなる。
最悪だよ・・・

感覚が日本人と違うのはわかるけど、昔、日本で外車が売れないと不服を申してた海外の自動車メーカー、日本車が海外で売れた理由をきいたことがあるけど、日本は、海外にむけて、左ハンドルの車を輸出してたけど、外車は左ハンドルのままで日本に輸出してた。
後に、日本を見習って?外車も右ハンドルになっていきましたよね。
ぎっちょハンドルは外車のステータスだからと思うと、ワタシ的にはいいんじゃない?っておもうけど(運転したことないけど)、前車を追い越す際など、対向車線が見えにくいし、道路事情にあってないからやはりそこは大事。
日本人って、使う人の事を考えてたりするけど、海外の製品って、これが
仕様だ!と押し付ける傾向があると思います。
だから、だめなんだよ><
ウィンドウズもそうだけど、アップルだって似たようなもの。
電池交換は容易でないから、電池寿命になると簡単に電池交換なんてできないアイフォンやアイパッドなど(今もだと思うけど)、仕様の押し付けだよね。

テスト的に画像をいれてみましたが、1280x960サイズの画像ですが
プラグインが機能しない?従来なら小さめの画像でブログを構成して、必要なときは画像を
クリックすることで、サイズが大きくなるようにしていたのに
小さいと説明などの画像で、細かい文字などが見えない
(他のブログなどで、説明などを綴ったブログでも画像サイズが小さくて
細かい文字などがみえないことがあり、そのような不便な仕様にはしたくない)

このブログ記事(このページ)は、バージョンアップされたブログツールで綴っています。
画像の拡大機能については、バージョンアップに伴って、プラグインもバージョンアップがあるのかもしれないけど、英語だし、どれだったか、わからないし(笑)
困りましたね・・・
頑張って、バージョンダウンしなくては!
以前のバージョンはいくつだったかな?(汗)

ヽ( ゜ 3゜)ノ イイネ ←気に入ったらお願いします
読み込み中...