Firefoxの更新がうざい

Firefoxは、どのバージョンからだったか?
忘れたけど、更新を無効にする設定がなくなった。
Firefoxを起動するすると、更新しますか?みたいな
タブが、毎回出てきて、鬱陶しいたら、ありゃしない。
あれ?Ver.72から消えた?
今の所、でてこないけど、ま、いいや!

とにかく、鬱陶しい。
セキュリティを考えれば最新バージョンにするほうが
良いとおもうけど、余計な機能が増えたり、小さな親切大きなお世話な機能が増えたり、動作が重くなったり。
更新すればいいことばかりでなく、むしろ悪くなったと
感じることも今まで多かった。
それでバージョンダウンするのが面倒くさい。

いまVer.72(更新しますか?のタブを毎回、消してたけど
ミスクリック?勝手に更新された。
いや?勝手に強制?よくわからないけど希望もしないのに
更新されるのが困る。
かなりまえのバージョンでは、更新をしないも選択できたけどね。

ってことでしらべてみると、
Firefoxが勝手にアップデートされるのを止めたい
というタイトルのサイトを見つけた。

これは、Ver.72だけど(最近、更新になってしまった)
更新をしないという項目がない。

調べたサイトによると(サイト消失のときの備忘録で記す)
ファイアーフォックスのインストールフォルダから
フォルダ「distribution」を探す。
なければ作る(なかったので作った)。
もしフォルダがあれば、その中にファイル「policies.json」
を探す、
なければ、ファイルを作る。
新規作成で、テキストファイルを作って、拡張子ごと書き換えれば出来る。
フォルダがないから、当然だけどファイルもないので
ファイルも作った。
ファイル「policies.json」を開いて、以下の記述をします。

{
  "policies": {
    "DisableAppUpdate": true
  }
}

そして上書き保存をして、ファイアーフォックを起動
(起動済み出れば、再起動)。
そして、メニューバから、
ツール→オプションで設定画面を開いて一般タブより、
Firefoxの更新の項目で、
システム管理者により、更新が無効化されています。
になれば、多分成功です。

 

ヽ( ゜ 3゜)ノ イイネ ←気に入ったらお願いします
読み込み中...

インスタグラムライブをPCで見る。

パソコン(PC)で、インスタライブをみる。
ウィンドウズだけ?わからないけど、基本的には、インスタグラムは
スマートフォン用なので、パソコンでは使えなかったりします。
ブラウザのGoogle Chromeで、拡張機能を使うことことで、
インスタライブを視聴できるようです。

方法
1:ブラウザのグーグルクローム(Google Chrome)を
インストールします。
(インストール済みの場合は、3から)
ダウンロード先はここ
https://www.google.com/intl/ja_jp/chrome/

2;ダウンロードしたら、インストールします
(工程は省略)。

3:拡張機能のchrome ig storyをサイトを開きます。
グーグルクロームを起動して、ここへ
https://chrome.google.com/webstore/detail/ig-stories-for-instagram/nilbfjdbacfdodpbdondbbkmoigehodg?hl=ja

4:クロームに追加します。
Chromeに追加をクリックします。

5:確認画面
拡張機能を追加をクリックします。

※これで、Google Chromeを使うことで見ることが
できるようになります。



まだ、リアルライブを見ていないので、コメントなどができるか
未検証ですが、録画?を残してる方の動画を見ることができました。

ヽ( ゜ 3゜)ノ イイネ ←気に入ったらお願いします
読み込み中...

Twitterの画面

2019年7月頃だっけかな?
Twitterの画面が新デザインになり、使いにくい。
それに馴染みのある旧デザインがやっぱりいい。

旧画面への変更ができるのは、
Google ChromeとFirefoxだけみたい。

Google Chromeでは、拡張機能を追加します。
https://chrome.google.com/webstore/detail/goodtwitter/jbanhionoclikdjnjlcmefiofgjimgca

Firefoxでは、アドオンを追加します。
https://addons.mozilla.org/en-US/firefox/addon/goodtwitter/

 

ヽ( ゜ 3゜)ノ イイネ ←気に入ったらお願いします
読み込み中...

モーションキャプチャ画像の処遇

szsinocam ネットワークカメラ 屋外 防犯カメラ
このカメラは中国のメーカーさんの監視カメラですが
コストパフォーマンスが高くお気に入りです。
このカメラの機能の一つに、モーションキャプチャがありますが
映像内の動きを感知して、静止画として保存する機能ですが、
マイクロSDメモリーを入れて、設定することで、マイクロSDメモリーに
動画とともに、記憶させておくことができますが、カメラにアクセスして
画像をチェックするのは、実質的にすごい労力と時間がかかります。

そこで、モーションキャプチャされた画像をEMに添付して送信しちゃおう!
こうすることで、容易にモーションキャプチャ画像を見ることができます。
と言いたいところですが、ここでも問題があります。
私は、設定によりモーションキャプチャーを連続3枚キャプチャーにしてるので、
監視カメラが、動体検知をすると、3枚の画像がEMに添付して自動送信されます。
しかし、どう反応したのか?何も映ってないキャプチャ画像も多くあります(-_-;)
それらを含めて、Eメールがものすごい量で送信されます。
そのひとつひとつに画像が添付されています。
必要なければ、モーションキャプチャーを1枚に設定したほうがいいかもしれない。
ま、1枚でもメールソフトで開いて、画像をチェックするのは一苦労です。

これより記している記事は、試行錯誤の末、編み出した方法でかなり便利です。
モーションキャプチャー(動体検知)の設定を行ってください。
説明書タイトル:4.4.2 動き検出
次、
これは、別途こちらに記載しますが、説明書ではこのようになっています。
これは、説明書より私の設定方法を記したものです→動体検知のEM送信・FTP送信

EMの実際の設定方法は、別途ここに記載するので、こちらを参照にして設定します。
まずは、動体検知の設定をしてください(4.4.2 動き検出
※動体検知の設定はIE(インターネットエクスプローラ)でないとできないかも?

方法としては、受信容量もある無料のフリーメールを使用した設定を説明します。
私は自己ドメインのEメールを使って監視カメラから送信させてます。
送信先は、GMAILフリーメールに送信して、それをパソコンのメールソフトにより
受信しています。
ですが、ここでは、GMAILからGMAILへの設定とします。

概略:カメラには、フリーのGMAILを使って送信します。
送信先は、フリーのGMAILとしています(同じEMアカウントです)。
パソコンのEメールソフトで、GMAILからのメールを受信します。
Eメールには添付ファイルがつけられてるので、そのままでは
確認が大変なので、アドオンをつかって添付ファイルを分離します。

目的:添付ファイルをEメールから分離させることにより、確認、処置が容易に
なります。

作業:手動による設定ではなくアドオンを利用して作業を自動化します。

必要なもの:Eメールソフト(但し、メールソフトはサンダーバードです)。
サンダーバード用の添付ファイル分離アドオン。
GMAILアカウント1個。

まずは、必要なものを揃えます。
グーグルアカウント(すでに所有のものでもOKだけど、別途に取得がおすすめ)。
Thunderbird(メールソフト)、これは私は最新バージョンではありません。
最新バージョンでは、アドオンが対応しているか不明ですが私はほかに使用してる
アドオンが最新バージョン未対応なのでセキュリティ上は最新バージョンが望ましい。よって古いバージョンですが、Ver.45(私の愛用バージョン)での説明にします。

1:グーグルのGMAILアカウントを取得します。
↑上記リンクをよりGMAILアカウントを取得して、

設定アイコン(歯車)から設定を選択してクリックします。

GMAILの画面が開くので、メール転送とPOP/IMAPをクリックして
メールの設定をします。

項目の中のPOPダウンロード:より
すべてのメールでPOPを有効にするのラジオボタンを選択してクリック。

下方にある変更を保存をクリックします。

ブラウザを閉じてもOKです。

2:Thunderbird(サンダーバード)をダウンロードしてインストールします。
方法:サンダーバードの旧バージョンのダウンロードサイトより旧バージョンを
取得します。
サイトより以下の順にクリックして進みます。
Dir 45.0/ → Dir win32/ → Dir ja/ →Thunderbird Setup 45.0.exe
面倒なら、直リンク
Thunderbird Setup 45.0.exeをダウンロードしてインストールします。
インストール後、サンダーバードを起動します。
起動後、メールの設定をします。

↑私は、すべてのメールアカウント(全部29アカウント)があってごちゃごちゃ
していますが、最初はシンプルでした(-_-;)
ファイル→新規作成→既存のメールアカウントでメールアカウントの設定を
開きます。
これより必要事項を入力します。
あなたの名前:わかりやすい名前(自由)。
メールアドレス:監視カメラで使うGMAILのEメールアドレス。
パスワード:GMAILアカウントのパスワードです。
続けるをクリックします。

POP3(メールをコンピュータに保存)のラジオボタンを選択して、
完了をクリックします。

これで、メールソフトの設定は完了です。
出来上がったメールアカウントの設定を行います。
出来上がったEメールアカウント部をクリックして選択して、
このアカウントの設定を表示するをクリックします。

アカウント名は、GMAILのメールアドレスになっていますが、この部分は
アカウント名のツリーに反映されます。
わかりやすい名称に変更することもできます。

私は、アカウント名を、カメラ画像にしました。

次に、サーバー設定を選択します。

↑設定は、都合の良いように変更します。
特にへ変更しない場合でも、変更してもOKをクリックします。
GMAILは15GBありメール容量がとても大きいですから、監視カメラの
モーションキャプチャー画像が添付したEメールには最適です。
だけど、Eメールを、溜め込むのはおススメできません(笑)。
設定について:
サーバー名:すでに終了していますので変更しないでください。
ユーザー名:すでに終了していますので変更しないでください。
セキュリティ設定:すでに終了していますので変更しないでください。
サーバー設定の部の中身は、お好みに設定してください。
しかし、ダウンロード後に14日もため込んだら、15GBでも超えるかも?
ダウンロード後にメッセージを残すのチェックマークが外してもいいかもね。
メッセージの保存先は、初期設定のままでも構いませんが、
Windowsドライブ(C)になるので、任意に変更するほうがいいかも?
私は、別のHDDにフォルダを作成して、そちらにメールデータを保存しています。
監視カメラのアカウントだけでなく、他の重要なメールアカウントもあるので
もし、PC初期化したときでも、Eメールデータが残るので^^

諸設定ができたらOKをクリックして閉じます。

EMソフトを使って受信しなくても、GMAILをブラウザメールから受信メールを
見ることはできますし添付画像はサムネイルで見ることができます。
非常に優れたブラウザメールなのですが、EM100通でひとまとめになっています。
だけど、あまりに多いEメールのため、すべてのEメールの添付ファイル(画像)を
見ることはできないことがよくあります。
有料のEメールソフトで添付画像をサムネイル表示できるソフトウェアもありますが
実際にそれが使い勝手がよいか?不明ですしコスパの面から私は利用していません。実はThunderbirdは無料のメールソフトですけど寄付歓迎(自由)となっています。

これより、真骨頂です。
Thunderbirdには、多くのアドオンソフトがありますが
そのアドオンソフトの中に、Eメールの添付ファイルを抽出して指定した箇所に
保存できる機能をもつアドオンがあります。
アドオンの入手:
アドオン(AttachmentExtractor)の入手先はこちら
ダウンロードします。

私は仮に、デスクトップに保存しました。
(アイコンは、私の圧縮解凍ソフトの都合上、このアイコンです)

Thunderbirdを起動します→ツール→アドオンを選択してクリックします。
※私は既にに色々なアドオンをインストールしていますが
説明に支障がないのでこのまま説明します
アドオンマネージャより、設定(歯車)をクリックして、
ファイルからアドオンをインストールを選択してクリックします。

ダイアログが開くので、ダウンロードしたアドオンを選択します。

アドオンのAttachmentExtractorの行をクリックしてから、
インストールをクリックします。

今すぐ再起動をするをクリックします。

Thunderbirdが再起動して、アドオンリストにAttachmentExtractorが
追加されました。
AttachmentExtractorの右にある設定をクリックして設定を行います。

設定は英文でよくわからないですが、私は以下のようにしています。
Default Save Path:は、添付ファイルの保存先(任意)の指定です。
私は、USBメモリーをUSBポートに挿しっぱなしにして、
フォルダを作って、そこへ添付ファイルの画像を保存しています。
General

Filenames

After Extraction

Auto-Extract→General

Auto-Extract→After Extraction

Advanced→Advanced

Advanced→More

設定項目はこれで終わりです。
OKをクリックします。
アドオンマネージャータブの×をクリックして閉じます。

IP監視カメラのモーションキャプチャーのEM送信の設定をします。
動体検知エリアは設定済みと仮定して説明します。
IPカメラの設定画面を開いて、Settings→Advanced→Emailの順で
Eメールの送信設定をします。
xxxxxxx@gmail.comは、ご自身が取得したGMAILアドレスを
入力します。
この設定は、GMAILからGMAILへ自分のEメールアドレスから
自分へのEメールアドレスに送信するようになります。

試しに、TSETをクリックして、画像が添付されたEメールが
送信されたか、テストをします。クリック後に
Thunderbirdを起動して、メール受信を行います。
ここで、画像が添付された画像が受信できれば成功です。

受信した画像添付ファイル付きのEメールから添付ファイルを抽出する
方法です。
例えば、以下のようにモーションキャプチャー画像を含むメールが
受信しているとします。

受信トレイの上で右クリックをして、Extract All inc. Subfolders(S)を
選択してクリックをします。

添付ファイルの抽出が始まります。

抽出が終了すると、抽出ウインドウが自動的に閉じます。

結果:
私はUSBメモリーを保存先にしていますが、Eメールに付随した
添付ファイルだけが抽出され保存されています。
誤作動?何も動くものが写っていない画像も結構多いです(-_-;)
これらをエクスプローラーなどで、削除したり、別途に保存したり
消すなりにできます。

私は、添付ファイルが抽出したあとは、
その受信したEメールは削除して、ごみ箱を空にしています。
時々、最適化しますか?とでることがありますが、最適化をしています。

それでもため込むと整理が大変です(笑)
(1万ファイル(画像)を超えています)

ヽ( ゜ 3゜)ノ イイネ ←気に入ったらお願いします
読み込み中...

ブログのバージョンアップ

ブログのバージョンアップをしたら、え?なにこれ使いにくい、というか
使えない(泣)
前は、画像をドラッグ&ドロップで簡単だったのに、バージョンダウンが
めちゃくちゃ面倒くさい。
ブロッグとかで画像とテキストをわけるのは、大きなお世話です(笑)
だから、嫌なんだよなぁ~~
ウィンドウズもそうだけど、海外のソフトってバージョンアップすることで
使いにくくなる。
最悪だよ・・・

感覚が日本人と違うのはわかるけど、昔、日本で外車が売れないと不服を申してた海外の自動車メーカー、日本車が海外で売れた理由をきいたことがあるけど、日本は、海外にむけて、左ハンドルの車を輸出してたけど、外車は左ハンドルのままで日本に輸出してた。
後に、日本を見習って?外車も右ハンドルになっていきましたよね。
ぎっちょハンドルは外車のステータスだからと思うと、ワタシ的にはいいんじゃない?っておもうけど(運転したことないけど)、前車を追い越す際など、対向車線が見えにくいし、道路事情にあってないからやはりそこは大事。
日本人って、使う人の事を考えてたりするけど、海外の製品って、これが
仕様だ!と押し付ける傾向があると思います。
だから、だめなんだよ><
ウィンドウズもそうだけど、アップルだって似たようなもの。
電池交換は容易でないから、電池寿命になると簡単に電池交換なんてできないアイフォンやアイパッドなど(今もだと思うけど)、仕様の押し付けだよね。

テスト的に画像をいれてみましたが、1280x960サイズの画像ですが
プラグインが機能しない?従来なら小さめの画像でブログを構成して、必要なときは画像を
クリックすることで、サイズが大きくなるようにしていたのに
小さいと説明などの画像で、細かい文字などが見えない
(他のブログなどで、説明などを綴ったブログでも画像サイズが小さくて
細かい文字などがみえないことがあり、そのような不便な仕様にはしたくない)

このブログ記事(このページ)は、バージョンアップされたブログツールで綴っています。
画像の拡大機能については、バージョンアップに伴って、プラグインもバージョンアップがあるのかもしれないけど、英語だし、どれだったか、わからないし(笑)
困りましたね・・・
頑張って、バージョンダウンしなくては!
以前のバージョンはいくつだったかな?(汗)

ヽ( ゜ 3゜)ノ イイネ ←気に入ったらお願いします
読み込み中...

szsinocam ロボット型 IP カメラマニュアル(備忘録) 3

szsinocam ロボット型 IP カメラマニュアル
SN-IPC-HR02

注意:このブログの記事では、Amazonアフェリエイトになっているリンクもありますので、ご自分がどこかのポイントサイトをご利用でしたらご注意ください。
【最新WIFI強化改良版+映像クラウドストレージ改良版】ネットワークカメラ 防犯カメラ 監視カメラ IPカメラ 1080P 200万高画素 最大128G SDカード対応 WIFI 双方向音声 動体検知 暗視撮影 遠隔操作 屋内屋外 ベビー ペット 子供 老人等留守番 スマホ ipad パソコン対応 日本語説明書付き SZSINOCAM

結構、アマゾンレビュで評価の低いときの内容をみると、日本語説明書が
わからないなどと書かれてることもあり、私も、ん~難解(笑)って
ことも、今までにありました。
付属の説明書は、最低限のことができる範囲で、日本のメーカーの製品のような
細やかな説明書は期待できません。
(日本では、説明書を作成する専門企業もあるとか聞いたことあります)
でもその分、お安く、でもコスパはこのメーカーさんのは素晴らしいです。

実際にやってみたままを綴っています。


今回、右の型のタイプのレポートです。

前置きが長くなりましたが、これより綴っていきますね。
アンドロイド端末とウィンドウズPCの環境しかないので、アップル系はレポートすることができませんのでご了承ください。
説明書ですが付属されたものと同じと思われるPDFファイルがメーカーサイトにありましたので、それを元に書き綴っています。

マニュアルは、英文説明書を日本の
グーグル翻訳サイトで翻訳、また一部は私の勝手な解釈したり省いたり、メーカー日本語を参照したりして実際にやってみて綴りました。
以下のオレンジの文字列でそれぞれの項目の先頭に移動します。
(戻るときはブザウザの戻るで戻れると思います)

★ 実践マニュアル

★ 複数カメラの同時映像

★ カメラの初期化

★ 諸設定

★ 備考:実測寸法

★ 備考:カメラ三脚

★ 備考:DC5V電源

★ 考察:有線LANと、設定操作、他


ちょいちょい、まだ書き足したり、変更していく予定でございます。
よかったら、時々、様子を見に来てね(笑)



実践マニュアル
実際にマニュアルに沿ってやってみました。

マニュアルを綴るのに使っている画像は、Androidスマホと、アンドロイドOS(パソコン)による画像が混ざっております。


-P1-

ユーザーの皆様:
ようこそ私たちのインテリジェントなネットワークカメラ製品を選んでくださりありがとうごうございました。
この製品でいつでもリアルタイムですばらしいビデオをどこからでも見ることができます
ハードウェアブラケット固定
これは、ネジによる固定をして使用する場合でのことで、置いて設置などでは必要ないと思います。

1. ディスクホルダーを取り外し、
ディスクホルダーは、開梱時には取り付けてなかったです。

ネジを使って固定するため部品。

白い樹脂製のものは、コンクリートプラグという物でコンクリート壁に

固定取り付けをする際に用いるものです。
使い方は、ネット検索などで各自で調べてください。

2. ディスクホルダーをカメラ底部のとの結合を確認して、
ディスクフォルダーからカメラを取り外します。
壁などにディスクホルダーで固定したと仮定して


-P30-



このQRコードにより、ダウンロード先に飛べますがアンドロイドでのみ検証しました(iPhone持ってないので)。
アンドロイドのQRコードの中身は、URLで
http://www.danale.com:8080/getvideoapp
です。
URLから開いた画面です。


Google playから、danaleで検索した結果ですが、
この詳細をタップすると上記の画面になりました。

-P31-

スマートフォンにカメラアプリ(Danale)をインストールして開きます。
Danaleの初期画面です。

新規登録をタップしました。

プライバシーに関する声明と利用規約の画面

了承をタップしました。

アカウントを作成の画面です。

電話番号、またはEMアドレスを入力して、次へをタップ。
私はEM(GMAIL)で登録しました。

認証コード送信の画面です。

これはすぐ消えて次の画面になります。

アカウントの確認の画面です。

すぐに、登録したEMアドレスのEメールを受信します。
60秒以内に認証コードを入力して次へをタップできないと
タイムオーバーで認証コードの再送信になります。
認証コードが間に合わなかったときの画面です。
コード入力の右が60秒からカウントダウンしていきますので、これが0秒になると再送信ボタンに変わります。

60秒過ぎる失敗をしたら、再送信をタップします。

認証コードは、整数6ケタです。
Gmailでは、こんな感じで受信していました。
すべて外国語です(-_-;)

認証コードを入力して、次へをタップ。

パスワードの設定の画面です。

パスワードを決めて、入力してOKをタップ。
右の目玉のアイコンで、伏字になっている内容を確認することができます。

Danaleへようこその画面です。


この画面はログイン画面なので、先ほど設定したパスワードを
入力して、ログインをタップ。

アクセス許可の画面が出たら、許可をタップ。

デバイスを追加をタップしました。

-P32-

ネットワークの設定

デバイス電源をオンであることらしいので、電源を入れてみた。


説明書にリセットボタンと指の絵があるの
リセットボタンを押す必要があるのかな?と、
押してみた(下図)。
WiFiのSSIDと、そのSSIDのパスワードを入力して
次へをタップしました。
偶然かも知れないけど、リセットを押さないで次へをタップすると検出しなかった。

デバイス検索の画面です。

しばらく(数分程度でした)すると、検出できました。
追加をタップしました。

あなたのデバイスにな芽を付けるの画面です。

予め、あるキッチンやその他のをタップすると
その名称になりそうです。
私は、ロボカメと名前を付けてみました(笑)。

名前を決めたら、OKをタップしました。

カメラ起動の途中の画面です。

画面が切り替わり

映像が起動しました。

映像は綺麗でした。
このときに、画面の上でタップすると、映像画面が少し下がって、映像メニューのボタンが出現します。

別のスマホ等でログインすると、
片方は強制ログアウトするのかな?

-P33-

説明書によるソフトウェアのダウンロード先のURLへ飛ぶと、

http://www.cd-ipc.com/danale/となります。
これは、IEでなくても他のブラウザでも大丈夫だとおもいます。
私は、ブラウザはFirefoxを使用しています。

Windows PC CMSをクリックします。
ファイルをダウンロードします(これはFirefoxの場合の画面)。

このバージョンが、4.2.4です。
説明書のQRコードから読み取ってダウンロードするソフトウェアDanaCMSの
バージョンは、4.1.9.3でした。
メーカーサイトのRARファイル(RAR式圧縮ファイル)の中にあるDanaCMSの
バージョンは、4.2.5でちょっと新しい(2018年7月
末現在)ようです。
ですが、RARファイルを解凍するソフトウェアが無いと、ファイルを得ることが
できません。そのRARファイルには、製品に同梱の説明書と
同等とおもわれるPDFファイルが一緒に格納されています。
メーカーサイトからのダウンロードはこちら

ソフトウェアDanaCMSをインストールします。

(手順は、バージョン4.2.5で行いました)
DanaCMS_V4.2.5.exeを起動しました。

Setup-DanaCMSの画面です。

Nextをクリックしました。


Nextをクリックしました。


Installをクリックしました。

途中画面です。


Finishをクリックしました。
これでインストール作業は終わりました。

デスクトップにあるショートカットアイコンを起動しました。

ログイン画面です。
EMアドレスまたは携帯の電話番号と、
パスワードを入力しますが、この2つは予めスマホアプリで
登録したものを利用します。
あのときの情報を入力します
(↑クリック後に確認してに戻るときはブラウザバックで)

EMアドレス(私の場合)と、パスワードを入力しました。

∨をクリックすると、パスワードを保存と、自動で起動の
設定ができるようです。

Loginをクリックします。

-P34-

メイン画面が起動します。

左側の4枠の一つをクリックします。
次に右側のカメラ映像サムネイルをダブルクリックしました。

映像が映し出されました。

4枠の映像枠の映像のある枠内を、ダブルクリックすると
4枠が1枠になります。

再生選択について
画面右側のサムネイル映像画面したのドットが縦に3つ並んでる場所を
クリックして、選択します。
説明書ではSD再生になっているので、やってみました。

マイクロSDカードが、まだ入れてなかった(^-^;

戻るときは、右上角の×で戻りました。

-P35-


上記のFAQで、質問3のTFカードとは、MicroSDカードのことです。

-P36-


パソコン使用時(ウィンドウズ)

メーカーサイトより該当の製品の下にあるDownloadをクリックして、
ダウンロードします。結構時間がかかるかも?
メーカーサイトの画面キャプチャです。

ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルでRARというタイプのものです。
RARファイルを解凍するソフトウェアを用意する必要があります。

RARファイルの中身は、カメラ用のソフトウェアと同梱しているのと
同等の説明書です。
取扱説明書にあるQRコードからの

ダウンロードは、バージョンがちょっと古いようです。
DanaCMS_V4.1.9.3でした。

メーカーサイトにあるRARファイル内のソフトウェアのバージョンは
DanaCMS_V4.2.5のようですね(今現在)。
DanaCMS_V4.2.5のファイルだけ、RAR圧縮ファイルより抜き取って、LHZ自己解凍ソフトによりダウンロードできるようにしてみました。
こちらをご参照ください。


DanaCMS_V4.2.5 IP監視カメラ用ソフトウェアのみ自己解凍書庫

メーカーサイトからのダウンロードが、結構時間がかかります。
RARファイル形式で圧縮してありウィンドウズの標準では解凍はできないと思います。
最新バージョンではなく現時点のファイルですのでご了承ください。
自己解凍先をデスクトップに設定してますが必要でしたらお好きな場所に変更してください。

ファイル名:DanaCMS.exe
ファイルサイズ:DanaCMS.exe、 74.2KB くらい
解凍されたファイルサイズ:DanaCMS_V4.2.5.exe、74.2KBくらい
内容(圧縮ファイルの中にあるファイル):DanaCMS_V4.2.5.exe、1個
形式:LHZ自己解凍形式圧縮ファイル
標準の解凍先:デスクトップ(ウィンドウズPC)
解凍先の変更:可能
注意:私がメーカーサイトよりダウンロードしたRARファイルからDanaCMS_V4.2.5.exeを抜き出して、LHZの自己解凍書庫にしました
(解凍ソフトを必要としません)。
これに起因するトラブル等の責任は負いません(自分は大丈夫だった)ので
ご理解ください。
ダウンロード先(※メーカーサイトではございません)
DanaCMS.exeをダウンロードしてください。

ファイルを保存、または実行します。
(この画像はブラウザがFirefoxですのでブラウザによって違います)

※これは保存した場合です。
自己解凍形式のDanaCMS.exeです(アイコンデザインは、違うかも?)
これをダブルクリックします。

解凍先を指定します(初期設定では、デスクトップ画面にしてます)。
必要に応じて変更してください。

解凍されたファイルです。
DanaCMS_V4.2.5.exe

>P34へ戻る


複数カメラの同時映像
同型のカメラでの確認です。

~前書き~ ここ←をクリックで前書き飛びます(笑)

この 型番?:SN-IPC-HR02だけど、今の現行機種の前に、同じ形のIP監視カメラが販売されてて(商品リンクが消えてしまってる)、その監視カメラ(1号機としますね)は既に設定済みでした。今回の監視カメラを2号機としますね!

何もわからないで始めてるので、最初は、同じアカウントでは、同一アプリなので1号機と2号機を一緒に監視するとしたら、支障があると思って、別のEMアドレスで登録をしたんです。
そして、ログインして2つのカメラの同時映像を試みたら、デバイス検索には引っかるけど出来なかった。
それぞれのアカウント(EM)では、それぞれのアカウントに紐づけされたカメラの表示は出るけど、追加ができませんでした。

もしかして?同じアカウントでいいの?
って思い、カメラ本体のリセットボタンでは、アカウントの
紐づけは、離れなかった。
これは、困った(泣)
とにかく、アカウントの紐づけを解除しなければ!
どうやったらいいんだろう?
試行錯誤してたらできました!
方法はこちらへ


そして、関連付けがはずれましたので、2つのカメラ映像を
アプリの4枠のうち、2枠を使って表示させる設定を開始ました。
パソコンのアプリ(Danale)の場合←ここをクリック。

~2つのカメラ映像を表示させる~
1号機、2号機、どららも初期化してからの前提です。
ログインしたら、この画面になったら

デバイスを追加をタップしました。

すでに、入力されていれば、次へをタップします。
未入力状態なら、入力後に次へを

デバイス検索で2つのカメラがリストアップしました。

1台ずつしか、追加できなかったので、
1号機から追加をタップしました。
すでに、1つアカウントに紐づけされていれば
そのデバイス(カメラ)は、
追加ボタンがありません。
また、違うアカウントに紐づけされてる場合でもリストアップして
表示されるようですが、追加ボタンがありません。
*その場合、追加するためには、
紐づけされたアカウントでログインして
アカウントのヒモ付を解除します。

カメラに名前をつけます。
そしてOKをタップ。

1号機が登録できました。

右上の+(プラス)をタップしました。

先程と同じように、次へをタップ。

デバイス検索で2つのカメラがリストアップしていますが
1号機側は、アカウントに紐づけされています。
残った2号機側の追加をタップしました。

カメラに名前をつけます。
そしてOKをタップ。

2号機も登録できました。

1.2号機の映像が出ているときに、どちらかの再生ボタンを
タップするとタップした側の映像がオンラインで表示されます。

たとえば、1号機を選んでみました。

この画面のとき、下部にあるメニューアイコンで

をタップすると、4枠画面になり、1号機、2号機ともに
オンライン映像になります。

下部にあるメニューアイコン

をタップすると、1画面の選択画面に戻ります。

また、下部にある

をタップすると、全画面になります。

各部のボタン


をタップすると

映像のサムネイル画像が右のフレームに表示されます。
その右のフレームにあるサムネイルをタップすると、左のフレームの
映像画面が切り替わります。


パソコンの場合。

まだ、工事中です。


カメラの初期化
リセットボタンではできない初期化

このIP監視カメラですが、リセットボタンの長押しだけでは、アプリ(Danale)のアカウントと監視カメラの結びつきが切れないです。
そこで、いろいろ試行錯誤。
まずは、オンラインで映像がでてる画面で、
右上の設定アイコン(歯車アイコン)をタップしました。

設定が開くので、下方にある削除をタップしました。

多分、これで消えるだろう?とおもたのだけど、
アプリを起動してたのがパソコンのアンドロイドアプリからの
Danaleだったからわからないけど、関連付けがきれなかった。
これで、切れるだと思うけど、無理だった私は、
(後にもう一度、こんどはスマホですると関連は外れた)
次に、上記画面のときに、デバイスの設定をタップしました。


初期化をタップしました。


工場出荷時の設定に戻す をタップしました。

OKをタップしたら、完全にアプリのアカウントとカメラの
関連付けは外れて、初期化されました。

※アカウントを忘れてしまうと、これら初期化はできないかも?
他のやり方はわかりません(汗)


諸設定
付属の説明書には掲載されていない諸設定を見てみた。

まだ工事中です。


備考:実測寸法
実物の採寸などです。

付属品のすべて

実物計測(素人採寸です)。

カメラ底部です。
おそらく、1/4インチネジ(カメラの三脚ネジ)と同等。
ですがネジ山(穴)が少ない(穴の奥行きが浅い)です。

背面部


備考:カメラ三脚
便利!カメラ用三脚に取り付け

カメラ本体の底部のセンター付近にネジ穴があります。
ねじ込んでみて入ったので、多分、1/4インチネジです。

今回、使用したカメラ用三脚は、
HAKUBA 4段三脚 W-312 ブラック エディション 小型 3WAY雲台 アルミ
W-312BK【Amazon.co.jp限定】です。
1,680円(購入時)

これ、お手頃価格だし、クイックシュー式のために便利!
予備のクイックシューもAmazonさんにあったで、つけっぱなしもできる。
HAKUBA クイックシュー W-312用 715101
204円(購入時)

だけど、IP監視カメラ本体のネジの穴の深さが浅いために、そのままでは
ネジを締めてもネジの頭がネジ穴の奥にあたり、完全に締められないのでちょっと工夫しました。

これは、ミリネジのM6平ワッシャです。
これを2枚挟むことにしました。
どうせ、2枚を挟むなら、ちょっと工夫しそう。
上記の画像の左右のワッシャの違いは、おわかりかな?
左は、返りというほどじゃないけど、
ワッシャを製造するときに平たい鉄板から打ち抜いたときにできる歪です。
左のワッシャは縁がすこし荒いですよね。右のワッシャは縁が滑らか。
この縁が滑らか側をカメラ側と、カメラ三脚の雲台側にすることで
傷がつきにくくなります。

上の画像で、右側のワッシャをその状態で1/4ネジにくぐらせます。
次に、左側のワッシャをその状態で1/4ネジにくぐらせます。

こうなります。

これで、IPカメラの三脚ネジの浅くても固定が可能でした。

そして、カメラの底部に固定するとこうなります。
クイックシューなので、そのままレバー操作一つで、カメラの三脚に
載せることができました。
※カメラ側のネジ穴を壊す可能性もありますので、締めすぎ注意です。

こんな感じになります。

カメラ三脚に乗せるとこんな感じです。

どうです?使う状況によっては便利ですよ^^


DC5V電源
便利!私は、このような使い方をすることもあるよ。

※注意:本来の使い方ではございません。本来の使い方では、付属のACアダプタを使用して運用する事になっています。
付属のACアダプタの電源は、AC100V/DC5V・2Aとなっていました。
ちょっと今だけ、っていう設置のときに、近くにAC電源があればいいけど、
自宅じゃないけど、アウトドアでちょっと防犯監視?などにはAC100Vの電源を確保するは難しい。
そういうとき、USBバッテリーを使ってカメラを使用できます。
アウトドアではネット回線をどうするか?デザリング?、等々色々と大変そうですだけどね(笑)
でも、バッテリー容量を使い切ったらカメラ動きません(当然だけどね)。
こういうケーブルを使うと出来ました。

HUACAM hc06 3パック3フィートUSB to 3.5 MMバレルジャック
5 V DCケーブルプラグ 3個セット
599円(購入時)

でも、これ3本セットだから、1本売りの同等品でもいいかもね。


有線LANと、設定操作

このIP監視カメラは、RJ-45のLANコネクタが差し込めようになっているけど
これはスマートフォンで設定が完了した後に、LANケーブルを接続しています。無線より安定しているLANケーブルのほうが安定してるね。

有線LANでの使用のとき、RJ-45のLANコネクタを差し込むのだけど、コネクタの爪が上になるんで、差し込むときは良いけど、抜くときにちょっと抜きにくいな(汗)

マイクロSDが、認識しない?
相性問題なのかな?
なぜだろう?


 

ヽ( ゜ 3゜)ノ イイネ ←気に入ったらお願いします
読み込み中...

ネットワークのパソコンが見えなくなった。

いろいろググると
Windows 10 Creators Updateが原因らしいということ。
実際は、なにが原因か、よくわかりませんが、ウィンドウズってアップデートなどで色々正常だった部分が異常になるのは、いつものこと。と諦めてますが、でも治らないと不便!

Windows 10 Creators Update?
進化し続ける、Windows 史上最高の OS。
何いってんの!トラブルに見舞われてるんだけど(汗)

Creators Update で Windows 10 はどう変わった?
ってことらしいけど。。。

ネットワークから各パソコンやNASが見え無くなった現象について

↑本来なら、最上部にコンピュータの枠があり、そこに同じLAN内で繋がれているパソコンやNASがみえなければならないのだ。

とりあえず、1台、表示が戻ったのでレポートしとかなくちゃ!(備忘録)
でもさ、ほんとさ、アップデートする都度さ、なにか問題が発生する気がする。もうアップデートなんてしなくていい!って思ってしまう。

これが復活した時の状況です。

被害は一台ではなかった(汗)
まだ、他のパソコンは治ってない(泣)
順次、全部完了しなければ(笑)

アップデートってほぼ、強制的だからね。
一台のパソコンだけ、ネットワークパソコンの一覧が正常に表示されてた(異常なしは1台のみ)。
それの設定などをみて、同じようにしてみたけど、
わからないから、ググってたら、解決方法が見つかりました。

Windowsキーまたは、左下のウィンドウズアイコンをクリックして、上の方にあるすべてのアプリをクリックします。

Windows システム→コントロールパネル

プログラムと機能をクリック。
(右上の表示方法が、カテゴリだったら、小さいアイコンに変更すると以下の画面になります)

Windows の機能の有効化または無効化をクリックします。

SMB 1.0/CIFS ファイル共有のサポートにチェックを入れます。

でも、ここはチェックは入っていました。

ってことで、次の方法へ

Windows管理ツールにあるサービスの一覧から
Function Discovery Provider Host
Function Discovery Resource Publication
の2つの項目を、自動または自動、または自動(遅延開始)にします(普通は自動かな?)。
これらのことを、自動でやってくれるバッチファイルをつくってるかたがいらっしゃって、そのbatファイルを管理者権限で起動したら、すべて終わっちゃうみたいです。
参考までにURL

以下は手動でする方法です。
先にやった方法
Windows 管理ツール→サービス。

名前の列より、
Function Discovery Provider Hostと、
Function Discovery Resource Publication
をそれぞれ、クリックして
(以下の画像は設定終了しています)

スタートアップの種類の部位を自動を選択して、適用→OKをクリックします。Function Discovery Provider Hostと、Function Discovery Resource Publicationを同じように設定します。

あとは、サービス画面が閉じるなりして、パソコンを再起動します。
その時点で、すべて表示されていないこともあります。
私がそうでしたので(^-^;
ダメだったかな?って思っていましたが、翌日にもう一度、ネットワークを開くと、同じネットワークにつながったパソコンやNASがすべて表示されていました。

ちなみに、Windows7も、なぜか?ネットワークがみえなくなっていた。原因不明だけど、同じ方法で完治しました。

┐(´д`)┌ヤレヤレ

ヽ( ゜ 3゜)ノ イイネ ←気に入ったらお願いします
読み込み中...

はっ?時刻が未来を指してる

あっー?
何気なく、ファイルをみると、
あれ?ファイルの日時が6月11日?
今日は6月10日のはず?
おいっ!ちょっとまて、あれ?慌てて部屋の時計を見た
(電波時計で良好な受信状態)。
(つд⊂)ゴシゴシ
やっぱり、今日は6月10日日曜日です。
あれ?なぜだ?パソコンの時刻は自動設定になってるはず!
そういえば、もう一台のPCもなんか日時がおかしくなってた。
以前は、そんなことはなかったのに~

古い情報では、時間がずれてるというと、この設定の説明が多いけど、
この答えを求めて、ここにたどり着いたとは考えられない。
この設定は正常なのに、時間がずれるから検索してここにたどり着いたんだよね?
ちなみに、初期設定では、マイクロソフトのタイムサーバーだと思います。(time.windows.comだっけ?)

上記の設定なのに、時間が狂うのは、
どうもこれかもしれない?
Ask the Network & AD Support Team
マイクロソフト Network & AD サポートチーム公式ブログ
しかし、ネットに繋がっていない状態の時って、つながってるんだけど?
↑のリンクの文章によると、
Windows 10 (TH2) から、新しい時刻同期の機能として、インターネット上の SSL サーバーと接続し、時刻を取得する Secure Time 機能が追加されております。
だそうです。
常につながっているんだが・・???
いやっ、そういえば、無線ルータの設定のためにLANケーブルをちょっと抜いたなー?
ちょっとだけど、それで?
どうでもいいけど、よけいなことするなっ!
だいたい、マイクロソフトがよかれとやったことって大半が裏目に出てるように思うのはわたしだけだろうか?
ちなみに、タイムサーバーは、日本の標準時刻の情報通信研究機構
時刻サーバーで調整してる。マイクロソフトのタイムサーバーは初期設定されてたとおもうけど、一番信用ならねぇーからね。
やり方はここ
サーバーは、ntp.nict.jp  です。
ということで、ってことで、Secure Time 機能の設定を無効化してみる。
手順は、
Windowsキー+Rキーを押す。
名前の欄に、regedit と入力してOKをクリック。

レジストリーエディタが開きます。

レジストリキー :
HKEY_LOCAL_MACHINE→SYSTEM→CurrentControlSet→
Services→W32Time→Config→
の順に開きます。
その中で(おそらく一番下あたり)値の名前が
UtilizeSslTimeData
を選択します。
これをダブルクリックします。

今、既定値 :で、値のデータが1になってるので、

これを0に変更します。

OKをクリックして、レジストリーエディタを閉じます。
パソコンを再起動して完了です。

1台は、前からだった。
そしてもう1台は今日だった!
防犯カメラの時間をスクショしてた時の画像をみると
2018-06-10 13:49:13
このときは、おそらく時刻は合ってた!

そして、次の画像
その次のスクショを撮影した時間が不明だけど、
23時でこの明るさはありえない!
2018-06-10 23:02:40
このときは、すでにずれてる・・・

 

ヽ( ゜ 3゜)ノ イイネ ←気に入ったらお願いします
読み込み中...

イーサーネットの名称変更

何かの弾みで?
そういえば、ネットワークを変えたんだった、でも戻したんだけどネットワークの名前は、戻ってない。
まー、インターネットが接続できていれば小さな問題!
気にしない人は気にしないけど、気になる人はそれが嫌なんです。
私も、後者の方です。
タスクバーの右下にあるネットワークのアイコンを

右クリックして、ネットワークとインターネットの設定を開く。
(または、Windowsキー→設定→ネットワークとインターネット)
→イーサーネット

たとえば、上図のように、Wi-Fiに接続したあとで、有線LANに
もどしたらイーサーネットの名前が、無線LANのまま!
使用に支障はないけど、いやなんだよなぁー(笑)

この変更のやり方、自分が忘れないために備忘録。
Windowsキー+Rキーを押して、ファイル名を指定して実行を開きます。
名前の欄に、「secpol.msc」と入力してOkをクリックします。
ローカル セキュリティ ポリシーの窓が開くので、
ネットワークリスト マネージャーポリシーをクリックします。

変更したいネットワーク名を選んでダブルクリックします。

名前の欄似、変更したい名前を入れて、適用→OKをクリックします。
再起動またはサインアウトしてサインインします。
できた!

ヽ( ゜ 3゜)ノ イイネ ←気に入ったらお願いします
読み込み中...

ネットワーク資格情報の入力

パソコンが複数台あって、同じ系統のLANでつながってるパソコンとパソコンでファイルのやり取りをするのに便利な共有設定ですが、以前はパスワード無しで共有フォルダを開くようにしていましたが、というか、パスワード設定にしたら、そのログインのやり方がわからなかった。検索しても、何故か?ヒットせず。試行錯誤の末、やっと理解できました(汗)

ウィンドウズキー→設定→(Windows の設定)→
ネットワークとインターネット→(状態)→状態→
共有オプション→(共有の詳細設定)
共有の詳細設定は、渡しの場合ですが、
プライベート(現在のプロファイル)

ゲストまたはパブリック

すべてのネットワーク

となっています。
すべてのネットワーク→パスワード保護共有より
パスワード保護共有を有効にする
を、選んでいます。
この設定だと、同じネットワーク内にあるパソコンから共有フォルダを開くには、ユーザー名とパスワードを入力しないと共有フォルダなどにアクセスできない。
※PCXというパソコン名は仮名です。

ここで、ネットワーク資格情報の入力のユーザー名とパスワードは、どうするの?
PCのフォルダ共有は昔からやってたけど、パスワードの設定がわからないから、パスワード無効にしていました。
このユーザー名って、その共有するフォルダのあるPCのユーザー名とパスワードだった。

たとえば、Windowsを起動したときに、ユーザー名は既出だけどログインパスワードと入れてるわけだけど、そのユーザー名とパスワードで共有フォルダにアクセスできることを、最近になって知りました。
だけど、これはパソコンの管理者アカウントです。
家庭内LAN内とはいえ、管理者権限で他のパソコンから入るのはちょっと・・・(汗)

ってことで一般アカウント(管理者ではない)を共有用に作ればいいだと思った!
さて、
新規アカウントの作り方について
※マイクロソフトのアカウントを作らないで作成する方法を記します。

ウィンドウズキー→設定→(Windows の設定)→
アカウント→(ユーザーの情報)→

家族とその他のユーザー→(家族とその他のユーザー)→その他のユーザーをこのPCに追加→
(このユーザーはどのようにサインインしますか?)

このユーザーのサインイン情報がありません
をクリックします。
(アカウントを作成しましょう)

Microsoft アカウントを持たないユーザーを追加する
をクリックします。
(このPC用のアカウントの作成)

例えば、こんな感じ

入力を終えて、次へをクリック。

これで、新規にアカウントが追加できました。

注意:この新規アカウント名でパソコンをログインすると、新規アカウントのユーザーフォルダが、Cドライブ(Windowsのインストールされたドライブ)に作成されます。共有の保護のためだけなら、新規アカウントでパソコンにログインしないほうがいいかも!

共有のフォルダを開くときに、パソコン「PCX」で新規に追加した一般アカウントのユーザー名とパスワードを入力するとパスワードで保護された共有フォルダを開くことができます。

ここで、その都度の入力が面倒なときは、資格情報を記憶するにチェック入れておくといいかも!

こんな場合(余談)
資格情報を記録してたからか?もう忘れたけど、先にユーザー名が
入ってて、そのじゃない!っていうとき、面倒です。

余計なネットワーク資格情報があるために、パソコンPCXの共有フォルダを開こうとすると、ユーザー名がAがすでに決められてしまった場合は、その他をクリックして、ユーザー名とパスワードを入れればいいんだけど、面倒です。
このAのネットワーク資格情報を削除する方法(または編集)
ウィンドウズ10の場合で説明。
Windowsキー→すべてのアプリ→Windows システムツール→コントロールパネル→(表示方法:小さいアイコン)→資格情報マネージャー→Windows 資格情報

整理したい項目を選んで、クリックします。

削除をクリックします。
または編集で修正とか

ヽ( ゜ 3゜)ノ イイネ ←気に入ったらお願いします
読み込み中...